20th Aniv.

【お祝いコメント】やけのはらさまよりお祝いコメントを頂きました!

アナログフィッシュさん、20周年おめでとうございます!

2012年にリリースされた「City of Symphony」という曲に参加させていただいたことが、
私とアナログフィッシュの一番の関わりでしょうか。
打ち合わせで集まった流れで、下岡さんと渋谷のマークシティ近くの「小倉山」で飲み、終電に駆け込んだこと、
新宿御苑近くの地下にあるスタジオで録音した時に、
アナログフィッシュの皆がコーラスのハーモニーを試行錯誤していた事、
渋谷区の外れにある某駅、
アナログフィッシュがホームグラウンドにしている(?いた?)練習スタジオに私も行ったこと、

そんなことを覚えています。

全くと言っていいほど、そんな場で交わされた会話の内容は覚えていないのですが、
きっと、くだらない冗談や、音楽の事、創作の事、そんな感じだったと思います。
たまには真面目な話や込み入った話もしたでしょうか?

その時間、景色、会話やムードは、全て過ぎ去り揮発し、虚空へと消えていったわけですが、
その代わりに(もしくは、その揮発した粒子が凝固し)、「City of Symphony」という曲が出来ました。
そのように、過ぎ去った「何か」を思い出せるような(出させるような)、
何かを残していける事、それは尊く、美しく、また同時に残酷で過酷な事です。

私が知っているアナログフィッシュの何かは、とりあえずその一曲だけなわけですが、
皆様もご存知の通り、アナログフィッシュは20年分の何かを抱え、今も進み続けているわけです。

代替不可能なアナログフィッシュの何かを、ほんのちょっとだけでも、
私だけが代替不可能に知っていることは私の自慢です。

やけのはら